生産設備

生産技術 Technical Skills

   「自動化ライン」

多品種少量は得意です。

極小ロット部品も流動の工夫次第で大きな製品群となります。
長年蓄積された流動技術が久保田工業(株)の生産方式を動かします。

品質は工程で造り込まれます。

作業者の熟練や、注意力に依存すべきでなく不良品が発生しない、発生しても排除されるようなシステムの確立に力を入れており、随所に作業者の創意工夫が生かされております。

4M: Man Machine Method Material の変化に敏感に対応しております。


「給材・着脱搬送・工程完了」

各材料ごとの機械に、材料をセットし加工スタートです。

このアームにより、製品の輸送、入替を繰り返し製品が生み出されます。

加工が終了した製品はベルトコンベア上に並べられていきます。


加工技術 Working Process

「2スピンドル2タレット加工機・インデックスチャック4面加工機

・マシニングセンター4面加工機・深孔明・円筒研削・転造 など

生産設備に専用機はありません。

順応性のある汎用機に、歴史が育てた独特の加工条件が加わり、信頼の製品が生み出されます。